ピーマンが訳あり価格並みに激安~!

絵がほのぼのしていて良いですね。作者は「もの」にも気持ちがあるということを書くことによって、大切なのは、物を大切にして食べ物にも感謝をということを伝えたかったのかな?と思います。また迅速な対応ですぐに届きよかったです。

こちらです!

2017年06月22日 ランキング上位商品↑

ピーマンさつまのおいも (ピーマン村の絵本たち) [ 中川ひろたか ]

詳しくはこちら b y 楽 天

自分の手もとに置いておくだけで幸せになれますね。ご飯も食べるし!歯も磨く。お家でも読みたいと娘が言ったので買いました。家の子は1ページずつ私の言葉を真似をして楽しんでました。芋堀にむけて購入しましたが、私がハマりました。暖かくなります。。ピーマン村シリーズは、絵がかわいくて好きなのですが、あんまりストーリーがないのが不満でした。その時一緒に子供(1歳半)も真似をして手をおしりに当ててブッとする仕草がとてもかわいいです。おいもの気持ち?表現が面白いです。絵もお話もシンプルで見ているだけで幸せです。「○○で ごわす」と薩摩弁でしゃべるところが受けます。おいもは土の中で暮らしています。短くリズミカルな文!ページの隅から隅まで鮮やかなカラーで!絵本読み始めの小さい子から楽しめると思います。さらにおいもを食べて!おならするといった因果関係もおもしろかわいく描かれています。普通はラストのおならのページを喜びそうなものを、我が子は前半のおいもの生活のページが大好き。内容も大人にとっても面白く買ってよかったです。芋掘りって!確かにおいもたちとの綱引きみたいですよね。」とさおゴン。そして!みんなでトレーニングをしています。保育園で読んで気に入ったようです。。ユーモアあふれる絵本です.きたるべきその日のためにトレーニングを重ねているおいもたちがとってもかわいいです.「ごわす」という口調が気に入ったようで,娘がまねしています息子の通う支援学校の国語の授業に使われていて!言葉のない息子が「んもぉー」と声を出すので何かと思ったら..「いもー」でした(笑)あまりに楽しそうなので!試しに購入。もちろん、子供たちにも大うけでしたよ。楽しいタッチで描かれているので子供たちにも!理屈なしにすーっと入っていく気がします。言葉も簡単ですし。「さつまいも」だから「薩摩どん」とかけてあるのか!口調もお顔も愛着わきます。季節にも触れる事が出来!想像力も育つのでよかったと思います。一度読んだことがあり、とても楽しいお話だったので購入しました。でもこの本はストーリー展開がなかなか斬新で好きです。おいもの表情が面白いので!お話がわからない年齢でも楽しめます。最後に勝ったのは・・・プッ、プッ、プッーで大笑い。保育園で読んで「くさいくさい」ってやるんですよと先生に言われたので!読みたかったのですが!図書館になかなかないので購入。まさかの、芋の立場からみた芋ほり。1歳前半の息子のお気に入りです。トイレにも行くし!お風呂にも入ります。この秋!芋掘り行事があるなら是非読んであげてほしいです。「くさーい、くさーい。昔からかわいい本だなぁとおもっていたので、今回縁あって自分でも購入しました。少し大きくなったらラストを楽しめるのかな?と思います。おいもがとってもかわいく、お話全体がほほえましいです。最後に絵本で子供達のおならの場面があります。ちょっと高かったけど、買って正解!届いたその日だけで五回くらい読みました。子供のお気に入りの1冊です。短い文で!お芋の一日〜収穫までが描かれている!とっても楽しい絵本でした(^^)7歳の息子もですが!1歳9ヵ月の娘も大好きで!うちではなぜかパパも大笑いしてしまいます(笑)おすすめです♪図書館で借りてきたら4歳の子どもがとても気に入り購入。「わたしたちのかちでごわす」というお芋のセリフがお気に入りのようです(笑)。大好きな本のようで文章の一部を覚えています。もうすぐお芋ほり遠足があるので!読み聞かせしてみました。文も短く!ひらがなを読み始めた息子も自分で読んで楽しんでいます。子どもになぜこんなにうけるのか分からないけれど、あまり絵本に興味がない1歳の息子までお気に入りです。なかなか絵本は高くて購入までは至らないのですが!この絵本はよかったです。サツマイモの季節になると必ず読んで欲しいとせがまれる1冊です。おいもの畑に子どもたちがいもほりにやってきて・・・子どもたちとおいもたちのつなひきです!スッポーン!とおいもが抜けて、「わたしたちの まけでごわす」でも、これでおわりじゃありません。4歳の息子の「おいも掘り」の時期に合わせて購入。